読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miyabihitoの日記

個人的な技術メモ

Location

位置情報の扱い方
GPSの使用許可

無線ネットワークの使用許可

・Location
位置情報を管理するクラス

getAtitude:高度を返す
getBearing:進行方向を返す。
getLatitude:緯度を返す
getLongitude:経度を返す
getProvider:情報提供もとの名称を返す。
getSpeed:速度を返す
getTime:UNIXタイムスタンプを返す

distanceTo:目的地までの距離を返す。
distanceBetween:2地点間の距離や為す角を算出するスタティックメソッド

・LocationManager
位置情報サービスへのアクセスを提供するクラス
ContextのgetSystemServicesでオブジェクト取得

addProximityAlert:指定のエリアに入ったときに発行するインテントの設定
getBestProvider:指定した条件に最も合うプロバイダーを返す(文字列)
requestLocationUpdates:ロケーションリスナーの登録

・LocationListener
端末の位置の変化の通知を受け取るためのイベントリスナー

以下の4つのメソッド全てを実装しなければならない
onLocationChanged(Location):位置が変わった時に呼び出される
onProviderDisabled:ユーザがプロバイダーを利用不可にした時に呼出される
onProviderEnabled:ユーザがプロバイダーを利用可能にしたときに呼出される
onStatusChanged:プロバイダーのステータスが変化したときに呼出される

・Criteria
プロバイダーを選択する条件を表すクラス
setAccuracy:精度の指定
setPowerRequirement:電力消費の指定

・Geocoder
住所から緯度、経度を求めるジオコーディング
緯度、経度から住所を求める逆ジオコーディングを行える

getFromLocationName:ジオコーディングを行うメソッド
getFromLocation:逆ジオコーディングを行うメソッド

・Address
住所を表すクラス。Geocoderの上記メソッドの戻り値。